体力の限界を感じて転職

小さな診療所などではさほど見られないケースですが、大きな病院で働く医師の中には、忙しすぎることを理由に転職を考える人が数多く存在しています。

実際に転職するかどうかは医師それぞれの決断によりますが、医師の転職理由の中でも体力の限界を感じ、転職せざるを得なかったという人の割合はとても多いのです。

大きな病院で働けば、当然当直があります。
入院患者が多数いる病院で、医師が常駐していないなんてことはあってはなりません。
決まった医師が毎日病院内で寝泊りすることは不可能であり、どんな医師でもそこに勤める限りは当直などで病院内に留まらなければならない日が出てきます。

当直ではない日であっても、オンコールに備え準備をしておくのが医師としての役割。
実際に患者さんに急変があったり、あるいは救急で患者さんが運ばれてきたりすれば、それに対応しなければなりません。

職場環境を変えることで気持ちと体力に余裕ができる

ただでさえ肉体的にも精神的にも厳しい医師の仕事。
そこに当直やオンコールなどが重なれば、並大抵の肉体と精神力では耐えきることは難しいでしょう。

若ければ、乗り越えることも可能です。
実際に、若い医師たちの多くは大きな病院で上記のような働き方をしているわけですから、忙しすぎるという実感はあったとしても、それを乗り越える気力も体力もあるのでしょう。

しかし、年齢を重ねていくと次第に体力の限界を感じるようになります。
気力があっても身体がついていかない、体調を崩しがちになるというのはどの仕事でも見られますが、医師のように当直やオンコールへの対応が徐々に難しくなることはそれ以上に避けられないこと。

こうしたことを理由に転職を考える医師がいても不思議ではありませんし、むしろ積極的に職場を変える方向へ意識を向けるべきでしょう。

患者さんの治療を行う医師が体調を崩していては意味がありません。
それによって助けられなくなる命が出てくれば、それこそ医師としての役目を果たしていないことになります。

職場環境を変えることで体力的にも精神的にも余裕が持てるようになれば、医師としての能力を存分に発揮できるようになるでしょう。
自分にとっても患者さんにとっても、その道を選んだ方がずっと有意義であるはずです。

体力の限界を感じて転職することを、逃げだとは思わないこと。
むしろ前向きな転職と捉える意識が重要です。
当直やオンコール無しはもちろん、残業のない医師求人も溢れていますから、そうしたものを見ながら自分の体調や働き方に合った職場に転職を検討してみてはどうでしょうか。