医師が転職を考える理由、あるいは転職に踏み切った理由で比較的多いのが、家庭や生活事情によるものです。

「妊娠・出産・育児」によるライフスタイルの変化による転職

例えば、結婚をしたり、妊娠や出産によって転職を考える医師がいます。
これは女性医師に多い傾向ですが、妊娠や出産、あるいはその後の子育てが必要になるなど家庭環境の変化があると、どうしても仕事を一旦休むことを余儀なくされます。
医療施設によっては、こうしたことがあれば退職を促されるような風潮もあり、自分の意志とは無関係に転職を迫られるケースも少なくないようです。

もちろん、自らの意志で転職する医師も多いでしょう。
出産をしたらすぐに現場に復帰したいけれど、今まで勤めてきた病院では自宅から遠かったり、あるいは家庭との両立も考え、例えば託児所や保育所が併設されている医療施設へ転職するというケースもあるのです。

家事と育児を両立できる職場で働く

子どものために転職をする女性医師は非常に多いため、もし同じような境遇にあるのであれば、思い切って転職を考えてみてもいいのかもしれません。

今後、そうした状況になるであろうと考え、早めに転職という行動に出ることも一つの考え方でしょう。
安心して妊娠・出産ができる環境を今のうちに見つけておけば、それが将来子どものためになりますし、医師として働く自分のためにもなります。

家族の介護などの家庭環境による転職

家庭環境の変化で言えば、親など家族の介護が必要になったために転職を考える医師もいます。
これは女性医師に限らず男性の医師でも、家族の介護を優先させるために、あるいは、できるだけ家族の近くにいるために職場を変えるという選択をした人はかなり多いでしょう。

プライベートな時間を確保する

医師はとても忙しい仕事です。
職場によっては昼間も夜も働いていなければならず、土曜日も日曜日もない状態であることも珍しくはありません。
そんな状態で家族とも接するというのは非常に困難。
子どもであれ親であれ、家族と一緒に過ごすための時間の確保を目的に転職することは、間違った考え方ではないはずです。

医師は子どもができると、その教育に非常に力を入れる傾向があります。
優秀な親の元に生まれたわけですから、期待を寄せられるのも当然でしょう。
その子どもの教育環境を良くするために転職をする医師もいるようです。
つまり、さらに環境のいい土地へと引っ越し、それに合わせて転職するということ。

何を優先するのかは人それぞれです。
家族を優先することは真っ当な考え方ですから、もし家庭環境に変化があったのであれば、それに合った職場環境への転職を考えるべきでしょう。