開業医になると平均年収約2500万円

病院勤務医の平均年収が900~1500万円とこれだけでも普通に高いですが、開業医ともなれば平均約2500万円にまで跳ね上がります。
10年で1億円も年収に差がついてくる夢のある開業医。
当然、将来は開業医の実家を継ぎたい、または地元でクリニックを開業したい…等将来的な開業を転職理由にして転職活動をされている医師の先生も多いと思います。
そのように自立を考えている医師の先生は今の職場で開業のためのノウハウを学べているでしょうか?

多岐にわたって経営に関するスキルが必要

クリニックを開業するとなれば一つの病院を経営していくことになります。
どれだけ大学病院や大きな病院で研鑽を積んでも経営者としてのスキルが身についていなければ、開業しても軌道に乗せていくことは困難です。

経理会計や税務を学んだり、医療スタッフへのマネジメントやコミュニケーションなど、医療に関係ないスキルを多岐にわたって習得する必要があります。
大病院勤務ではそういった経営を学ぶ機会がありません。

将来開業を検討している医師の先生は、10名程度の小規模クリニックに転職して病院経営についてのイロハを学ぶ必要があるでしょう。
とりあえず開業してからなんとかしよう…そう思っていると間違いなく失敗します。
しっかりと目標を定め、計画的に開業のためのスキルを身に上で開業することをオススメします。
失敗しないためにも開業準備は念入りに行っておく事が重要です。