独立を目指して転職

医局などを辞めてそのまま独立し開業医となるよりも、一度診療所やクリニックなどに転職してから開業を目指す。
もし独立するなら、おすすめはこのルートです。

もちろん、一生独立などする気がない、雇われで結構という人は病院から病院へと転職すればいいと思いますが、少しでも開業医に興味があるのであれば、転職先はクリニックなどを選択するべきでしょう。

実際に、独立を目指して転職する人は少なくありません。
医師の転職理由の中でも比較的多く、最終的に独立できるかどうかは別にして、それを目指しつつ職場を変えるという人は多々存在しています。

診療所やクリニックなど、すでに独立した医師が開業している医療施設で働くことは、経営を学ぶ上で非常に有意義です。
診療の腕は確かだけれども経営に至っては全くダメ、そんな医師もこの業界には非常に多く、もし全く経営のことについて学ばずに独立してしまえば、数年後には院を閉めざるをえない状況に追い込まれてしまうでしょう。

多岐にわたって経営に関するスキルが必要

医療施設の経営はそんなに甘いものではありません。
歯科医院や美容外科、皮膚科や内科など、比較的独立しやすい診療科目はすでに巷に溢れており、競争も激化しています。
医師免許を持っていれば、院を構えれば、それだけで患者さんが来るとは限りません。

医師側の目線で言えば、最近の患者さんはとても厄介。
なぜなら、インターネットであらゆる情報を獲得し、それを頼りにお世話になる医療施設などを選択するからです。

もちろん、患者さんが選択している医療施設が必ずしも優秀であり、その患者さんにとってベストなものとは限らないでしょう。

つまりは、マーケティングやプロモーションの上手な医療施設が生き残るような世の中になっているため、医師は独立し開業を目指す折には、そうした経営者としての目線で物事を判断する能力を身につけておく必要があるのです。

開業医の元に転職して経営を学ぶ

成功している経営者の元で働けば、どうして患者さんを獲得することができているのか、なぜ同じ地域や同じ分野に属する他のクリニックと渡り合えているのかなどを知ることができるでしょう。

そこには意外な発見もあるはずですが、いずれにせよ、実際にそうした現場で働かなければ経営というのは学べないもの。
最終的に開業を目指すか否かは別にして、開業医の元に転職して経営を学ぶことは決して無駄にはならないでしょう。

もちろん、転職先の選択はとても重要です。
自らが目指す分野や形態、あるいな理念のクリニックを探し出さなければいけません。