認定医や専門医の資格を取得する為に転職

必死に努力をして医師になったからこそ、医師として素晴らしいキャリアを築き上げていきたい。
そんな医師の先生も多いと思います。
医師としてキャリアアップを目指す以上、是非とも専門医・認定医の資格は取得しておきたいところです。

とはいえ、これらの資格は取得条件に幅広い症例の経験が必要だったりするので、勤務している病院によっては取得を目指すことが困難な場合もあります。
こういった事情により、認定医や専門医の資格を取得するために転職を考える医師は非常に多いです。

自分を売り込んで行くことが大切

ただ、専門医の資格を取得したからといって待遇面・給与面にはそこまで大きな差は出ないという点には注意しておきましょう。
そこから転職をして自分を売り込んで行くことで更なるキャリアパスが花開いていくのです。
病院側としては専門医資格持ちの医師を確保することで、その病院のアピールになることもあります。

喉から手が出るほどに欲しい人材なので、転職がしやすくなるだけでなく、待遇に対しての交渉も強気で行えるようになるというメリットがあります。
自分を売り込んで行くcという意味では非常に有効な手段であると言えます。
そういう意味で「キャリアアップのため」という転職理由は非常に現実的な動機だと言えるでしょう。