「社会的意義を全うできれば、収入なんて全くなくても構わない」なんて言う人は、医師の中にもほとんどいないでしょう。

収入がなければ生活していけませんから、あまりにも高額な報酬を欲する医師は、これもまた少数かもしれませんが、「せめて平均年収かそれを上回る程度は受け取りたい」と考える人が大半を占めているのではないでしょうか。

収入アップを求めて転職

それが証拠に、医師の転職理由で「収入アップが目的」とする人の割合は決して少なくありません。
むしろ常に上位であり、ここからも多くの医師が年収アップを求めて転職を考えていることがわかります。

実際に、転職によって収入がアップしたという医師もかなりいるでしょう。
医師は慢性的な不足状態にあり、改善傾向は見られるものの、地域や分野によっては猫の手も借りたいほどの不足状態が続いています。

このような状況から、医療施設をリサーチした上で、また、自己分析などを適切に行い書類や面接の対策も行った上で転職活動を進めていけば、年収アップは当たり前のように手に入れることができるはずです。

年収アップ実現のために重要なこととは

年収アップを実現するためには、ビジョンを持つことが重要です。
どのような将来設計を持っているのか、自分のこれまでの経歴や経験をその将来設計にどのように活かすことができるのか、それを明確にしておかなければいけません。
その上で、上で触れたような書類対策や面接対策を行っていくことが求められます。

年収を上げるとは、つまり、それだけの価値を自分自身に見出してもらうということ。
自分の医師としての価値を応募先の医療施設にアピールし、それを認めてもらわなければならないわけです。

また、高年収を提示する医療施設は、採用の基準もそれに合わせて高く設定しています。
医師免許を持っていれば誰でもいいというわけではありません。

その採用の基準をクリアしている、医療施設が求めている人材であることをアピールする必要もあるということ。
それは、一般的なサラリーマンで言えば企業研究や企業リサーチといった作業によって可能となります。

応募先の病院や診療所などの研究やリサーチも徹底して行いましょう。
そこで得たものを応募書類や面接などに落とし込むことができれば、年収をはじめとした条件・待遇の交渉も有利に進められるはずです。

年収アップを求めて転職することはより良い環境で働く為のいい機会になりうる

現在の仕事と収入のバランスが悪いのであれば、年収アップを求めて転職することを検討してみてもいいのかもしれません。
それは決しておかしなことではないはずです。

また、それなりの条件や待遇を用意している医療施設であれば、経営的にも体力があり、患者さんも多く確保できていると考えられるため、さらに知識や技術を磨くことができる、そう捉えることもできるでしょう。
環境が整い、症例数も多く得られると考えられるからです。

年収アップを求めた上での医師の転職は、一方で、そうした場を見つけるためのいい機会ともなりうるのではないでしょうか。