転職を視野に入れ始めた時、ふと気になることはないでしょうか。
転職をした他の医師たちが、どうしてその道を選んだのか。
つまり、医師たちの転職意向です。

自分のことしか興味がなければそれでも構いません。
しかし、医師の転職情報をさまざまな角度から仕入れることは、決して無駄にはならないでしょう。
多くの医師が抱える悩みや、多くの医師が下した決断などを知っておけば、自身の転職活動にも何か活かせる点が見つかるかもしれません。

いじめのようなトラブルがあるケース

医師の転職の理由で最も多いのは、人間関係の悩みだと言われています。
一緒に働いている人たちと反りが合わずに職場を変えようと試みる、これは一般企業に勤める人でもよく見られることですが、医師の世界であっても決して珍しい転職の動機ではないようです。

人間関係と言っても、幾つかのパターンに分類されます。
一般企業ほど露骨ではないでしょうが、いじめのようなトラブルがあるケースも少なくはありません。
周囲の人間に目をつけられたことでいじめの対象となり、それに悩んで転職を決意する人も意外と多く存在しています。

医師同士のいざこざである場合もありますし、若い医師が自分よりも年上の看護師にいじめられるケースもあるため、このパターンもさらに細分化できるのかもしれません。

パワハラや上下関係による悩み

上下関係による悩み、これも非常に多いでしょう。
医局でよく見られますが、パワハラに近い形で上司から攻撃を受け、それに耐えかねて転職を決意する医師も珍しくはありません。

以前ほど医局内の人間関係に悩む人は多くないものの、それでもヒエラルキーが構成される特殊な組織であるからこそ、どうしてもいざこざが生じやすい傾向があります。
属した医局が悪かったと割り切り転職を試みる医師も多々いますから、出世のためにと無理に耐える必要はないのかもしれません。

体調を崩す・重大な事故が生じる前に転職を考える

同じ職場で働く人との関係性が悪化すると、仕事にも支障が出てくることがあります。
医師という職業柄、失敗は許されません。
何か重大な事故が生じる前に転職を考えるべきでしょう。

また、体調を崩す原因にもなりかねないため、やはり無理をせず、転職を真剣に検討し始めるべきです。

転職の理由が人間関係であると考えると、自分は弱い人間だとネガティブな思考に陥りがちですが、そうした思考で自らを追い込む必要は全くありません。
最初にも述べたように、転職した医師のその動機は、人との関わり方に関する問題だったと考える人が多くの割合を占めているのです。

求人専門サイトで医者の転職・求人に関する情報をくまなく集めれば、こうしたことも知ることができます。
知識が増えれば、「自分だけではない」と勇気ももらえるはず。
それを糧に、さらに転職を前向きに考えてみることをお勧めします。